元気な時に整理すること

ダンボール

家族の負担を減らすために

遺品整理は故人の家族が形見分けをしたり不要品の処分などを行うものです。きれいに分別して廃棄する必要があり残された家族に負担がかかります。これに対して生前整理は、本人が元気な時に財産を目録にして残し不要な荷物を整理しておくものです。近年では老人施設に入所することをきっかけに生前整理をする方や年齢を考慮して始める方も徐々に増えています。元気なうちにといっても所有物が多い場合や重い家具や家電を一人で処分するのは大変です。手伝う家族が身近にいないときは生前整理を扱っている業者に相談してみましょう。自分の地域を対象にしている生前整理業者や遺品整理業者などに連絡すれば対応してくれます。業者が生前整理をするときには本人が立ち会うことができますし、業者も本人に確認しながら必要なものと不用品を分別していきます。また、処分品を運び出す時は養生シートで近隣の方に迷惑がかからないように配慮しています。使えそうな家電や骨董、掛け軸、着物など価値があるものは買取するサービスもしていて、片付けと同時に生前整理の費用の負担を減らすことができます。家や車を処分しておきたい時や財産目録を作りたい時は、業者が司法書士や行政書士を紹介してくれます。見積もり時に事前に相談して生前整理がスムーズに終わるようにしておきましょう。生前整理は自分の周囲を整理してすっきりさせ、家族の混乱やトラブルを防止することにも繋がります。所有している物が多いときや家族が遠距離にいる場合は生前整理することをお勧めします。

終活を始めよう

部屋

人生の締めくくりを考える終活を行なう人が増えています。生前整理を行なうなら、専門の業者に相談しましょう。不要品の処分や清掃など、一人では難しい生前整理も、一緒に行ってもらえます。部屋の広さや荷物の量によって料金は異なるので、まずは見積もりから始めましょう。

生きているうちに備えを

夫婦

生前整理をしておけば、すべて被相続人の意思で決定できるので遺産相続の際のトラブルが防げます。ただしお年寄りは体力がありませんから、計画的に生前整理をするようにしましょう。その時何より最優先でおこないたいのが、資産価値の高い物の捜索と保管です。

元気なうちにしておきたい

作業員と様々なもの

生前整理は自分が亡くなった後家族が困らないように不要な家財道具を処分しておくことです。葬式や遺産分割について考えておくことも生前整理に含まれます。準備をしておくと亡くなった後に家族の負担を減らし、相続トラブルを防ぐことができます。生前整理を行っている業者に依頼すると短期間で片付けることができます。